接客などのコミュニケーション能力に自信が無くても大丈夫

仕事中の会話はほぼ不要!

社会で働くには、雇用形態に関わらず、接客や営業など人と対面して話さなければなりません。また、職場での人間関係に苦手意識を持っている方も多いですよね。工場で働くことの1番のメリットは、コミュニケーション能力に自信がなくても働けるところです。仕事の多くはライン作業で行われているため、指定された単純作業を黙々とこなすことが主な業務内容になります。そのため、仕事中に必要以上の会話を強いられることはないですし、むしろ「おとなしい人の方が馴染める」とも言えるでしょう。ただ、リーダーなどスタッフをまとめる立場で活躍したい人は、より信頼を高めるため、意識してコミュニケーション能力を身に着けていく必要があります。


工場の作業員に向いている人とは

工場の仕事は、他にもメリットがたくさんあります。しかし、実は人によって向き不向きがあることを知っていましたか?向いている人の例としては、モノづくりが好きで、集中力に自信がある人です。「ずっと同じ作業をするなんて楽そう」と考えがちですが、同じ作業を何時間も続けることは思っている以上に難しく、嫌にならずに没頭できることは一種の才能です。また、交替制という勤務体系をとっている職場が多く、夜勤や長時間の立ち仕事に耐える体力が必要になります。工場によっては騒音や臭気の強い職場もありますので、体質などを考慮して「どのような工場なのか」を確認してから求人に応募しましょう。向いている方にとっては、工場勤務が天職になるかもしれません。

短期でしっかり稼ぎたいという人には、三菱自動車の期間工が適切です。最短契約期間3か月から働けるのが魅力的。時給は1050円ですが、2017年7月時点で入社祝い金が30万円もらえて、とても有利です。