入社祝い金や週払い・日払いの有無もチェック

入社祝い金の仕組みともらい方

工場の求人の中には入社祝い金がもらえるケースもあります。入社祝い金をもらうには、求人サイトなどで入社祝い金のある求人を探して応募することが前提です。支給される金額は求人票に記載されており、採用された場合に給料とは別にもらえます。なお、入社祝い金は採用と同時にもらえる訳ではありません。採用された側に悪意がある場合、入社祝い金だけもらって辞めてしまうと企業は損をします。そのため、実際に勤務を始めた後に採用された人からの申請によってもらえる仕組みになっているのが一般的です。採用された人から申請をしないともらえませんので、注意が必要です。申請後の60日以内に支給されることが多いですが、支給までの日数は企業ごとに異なります。


週払い、日払いの仕組みを知っておこう

すぐにお金が欲しい人にとって、週払いや日払いというのは魅力的に感じられます。一般的に給料は月払いで行われるため、今月働いた分は来月に支給されるのが原則です。給料の締め日は企業ごとにあらかじめ定められた日となっており、月払いの場合はこれが月1回ですが、週払いは毎週、日払いは毎日となります。ただし、注意しなければならないことは、日払いだからといって今日働いた賃金を今日もらえる訳ではないことです。今日働いた賃金を今日もらいたい場合は、即日払いと書かれた求人を探す必要があります。週払いや日払いの場合、所得税や雇用保険料などの控除額を正確に計算できないため多めに差し引かれて給料が支給されることもあるため、手取りが思ったより少なくなるケースもあり、注意が必要です。